圧倒的な存在感! S.H.Figuarts ウルトラマンジード マグニフィセントをレビューだ!!!!!!

カメラ・写真, 漫画・アニメ・特撮, 南元暁, 趣味の寄せ話

どうも、南元暁です。

 

 

 

突然ですがみなさんの一番好きなウルトラマンのタイプはなんですか???

 

 

いっちゃん最初にこの話題が出たことで察しのいい皆様ならお分かりでしょうが、

 

 

 

自分の一番好きなウルトラマンのタイプはウルトラマンジードマグニフィセント

 

 

ではなくウルトラマンコスモスコロナモードです。

 

 

 

 

 

 

じゃあこの前置きなんだったんだよ。

 

 

 

 

 

……というのは置いといて、自分はコロナモードと同列タイでマグニフィセントが一位に並んでおります。

 

 

だってこんなんかっこよすぎない?

好きになるなって言う方が無理でしょ。

 

 

そんなマグニフィセントですが、正直もう出ないなと諦めておりました。

結構時間経ったし。

 

しかしながらこうして我々の手元に今ァ!!!!

届いてくれました!!!

 

早速レビューに入りましょう。

 

毎度のことですがスマホ撮影です。

 

スポンサーリンク

造形

 

劇中の力強さを連想させる非常に高クオリティな見た目です。

ちなみに色味が違うのは背中と横の写真を撮り忘れていたので後から追加したためです。

 

ケツの穴並みにガバガバじゃねぇか。

 

内容物はこちら。

赤カラータイマー、ジードクロー、交換用手首四種+プリミティブ用手首一種となっております。

 

まさかのジードクロー。

どの形態でも使ってましたが、この後ジードの展開が終わる可能性も考慮してマグニフィセントにつけたのでしょう。

 

正直ジードクローはあんまり好きじゃなかった。ごめん。

 

 

アクション

案外広いですが、ソリッドバーニングがやっていたようなキックは難しそう。

 

 

 

「守るぜ! 希望!」

 

 

ウルトラマンジード! マグニフィセント!

 

 

「ウルトラマンジードマグニフィセント、強大な力を秘めた崇高な戦士です」

 

 

模造品なんかじゃない!

僕はリク!

朝倉リク!!

それが僕の名前だ!!

 

 

 

ビッグバスタウェイ!!!

 

 

 

 

後輩とともに。

多分こんなシーンはなかった。

 

ジードマルチレイヤー。

いつかロイメガも買いたい。

 

親子対決。

キメラベロス拡張パーツとか出ないかな。

出ないな(確信)

 

 

最後は似たような構図で締め。

 

 

 

スポンサーリンク

総評

ジードシリーズの多分に漏れず非常に高クオリティな出来栄えです。

劇中さながらのプロポーションに、圧倒されるような迫力も健在だと感じております。

 

マグニフィセント布教のためにもみんなも買おうね!

 

 

 

自分の名前は暁なので現場からは以上です。

スポンサーリンク
 
【読者登録をして新着の通知を受け取る】