バレンタインデー企画妄想

「よし、ではこの辺で」 僕は看板を持ち、学校近くの公園の入り口に立った。 「あなたの渡せな ...