関空(関西国際空港)のお風呂を使ってみたぞ!使った感想など。

2019-02-02tyanmen関空, 関西空港, 関西国際空港, シャワールーム

どうも、tyanmenです。

今回は関西国際空港の第一ターミナルにある15分500円のお風呂を使った感想などを書いていきたいと思います。

この前関空で紹介した休憩室の中にあるのですが、今回はターミナルビル内のシャワールームではなくエアロプラザの方のシャワールームに行ってきました。

こちらのシャワールームはターミナルビル内とは違い、夕方の18時から翌朝9時までしか開いていません。

そして、シャワールームが開くと同時に休憩室が拡張されます。

椅子がたくさんある部屋に入れるようになります。ここの椅子に持参したブランケットなどをかけて寝ることができます。

スポンサーリンク

さっそく入ってみよう

受付らしき窓があるのですが、特に受付などはしなくてかまいません。そのままスルーして個室へ向かいます。

風呂を出たあとドライヤーを使うのであれば事前に受付に言って借りましょう。

電気が付いていないので、ドアの横にあるこちらのスイッチを押して電気をつけます。

入ったらしっかりとロックを締めてだれも入れないようにしましょう。

万が一閉め忘れてしまうと自分の裸体を晒すはめになってしまう自分の荷物などが盗まれてしまうのでちゃんと締めましょう。

カゴが置いてあるので、服を脱いだらそこに入れましょう。貴重品などもそこに入れたほうがよいです。

冬場はほとんど使うことがないですが扇風機があります。夏場風呂上り体暑い時はこちらで体を冷ますことができます。

銭湯にあるような扇風機とほとんど変わらないと思います。

非常用ボタンです。僕は間違えて黄色いストップボタンを押してしまい、すこしヒヤッとしましたが問題なしでした・・・w

非常時以外は非常ボタンは押さない様にしましょう。もれなく係員の強行突入が待っていると思います。

風呂場はこんな感じ、人二人くらいが入れるかなってくらいの大きさです。

シャンプーアンドリンスとボディーソープがあるので、自分でもってくる必要がありません。

500円を入れてスタートボタンを押せば15分のカウントが始まります。ストップすれば止まりますが止まったまま5分が経過するとカウントが減っていくようです。

シャワーを出す際にはちゃんと扉を閉めないとエラーになって水が止まるそうです。

 

扉にはこのようにロック機能がついており、このレバーを上に上げるとロック状態になります。

そうすることで外部から開けることができなくなります。

↑これが閉めた状態

ちなみに、非常時に外から開けられる機構になっているので、非常時も安全です。

温度調節はスタート/ストップボタンの下にあります。

急に温度を上げると安全装置が作動して水が止まります。温度を上げるときはゆっくりするように気をつけましょう。

 

スタート/ストップボタンの隣には小さな凹みがあり、そこにボディーソープなどの容器を置くことができます。(正しい使い方かはわからない)

そのほかにもいろんなものがおけるので、ぜひ活用してみてください。

浴室内には謎の物体が・・・

トイレみたいに上下できるようですが椅子・・・?なんでしょうかね。用途は不明ですがたぶん椅子でしょう。

そんなこんなで

そんなこんなで一通りシャワーを浴びてすっきりしましたね。

ドライヤーを使ってみましょう。

こんな感じのドライヤーなのですが、折れ曲がる部分が弱くなっていてぶらぶらしていたのでとても乾かしにくかったです。

コンセントは鏡の横にあるところに刺します。ひとつだけ空いています。

鏡があるので、乾かしながら自分の美貌に惚れましょう乾いてるか確認しながらドライヤーを使いましょう。

その他にはゴミ箱があるので、いらないゴミを捨てることができます()

スポンサーリンク

最後に

関西国際空港のシャワールーム初めて使ったのでテンションMAXでとても楽しかったです。

この日は早朝(5時)から夜(23時)までの撮影でとても大変だったのでいい癒しになったと思います。

またこのシャワールームを使ってみたいなぁと思いました。

ではまた次の記事で!

スポンサーリンク
 
【読者登録をして新着の通知を受け取る】